鑑定結果の活用法!

鑑定結果の善し悪しにかかわらず、それを生かすにはその後の心構えこそが重要になります。ここでは鑑定結果と向かい合うための心構えを解説します。

結果はどうあれ活用しよう!

良い未来だった!

おめでとうございます! でも、良い結果だからといって、その後の努力を怠ってはいけません。占いの結果はあなたを後押しするものであって、実際に未来を決めるのはあなた自身です。良い結果に安心して完全にだらけきってしまい、結局外れてしまったなんてことだって珍しくありません。

悪い未来だった!

残念な結果が出てしまいましたが、落ち込むのはまだ早いです。鑑定結果というのは「現状のままだとこうなる」という予定図にすぎず、あなたの行動や発想が変われば未来も良い方向に変えられます。天気予報で雨が降るといわれたのなら、傘を持っていったり、天気に合わせて予定を変更すればいいのと同じで、悪い未来が出たのならそれに備えればいいんです。鑑定により悪い未来が出たら、占い師さんに「良い未来にするにはどうすればいいのか」アドバイスを聞いてみましょう。希望をかなえるのに足りない部分の指摘や、今は悪い結果だけどそこから良い未来につながるなど、アドバイスの内容は様々ですが、良い占い師なら悪い結果を伝えただけで終わりにせず、何らかのフォローをしてくれます。

不本意な鑑定結果とどう向き合うか!

まず重要なのは、例え現状では不本意な鑑定結果であったとしても、それが相談者にとて必ず悪い結果であるとは限らないということです。「ある職業に転職したいと考えていたが実際には適性がなかった」「復縁を希望していた元カレが実は浮気していた」「別れた相手よりもっと素敵な人との出会いがあった」など、より良い出会いや結果に結びつくこともあるんです。良い結果ばかり求めると、相談者の求めることしか言わない占い師に引っかかりがちとなります。そうした占い師は現状にあったアドバイスができず、鑑定結果も外れることが多いため、結果的にお金と時間の無駄遣いとなります。